BooRider の トコトコツーリング

3人だけのTouringClub★★★のTouring記録 &  日常の覚え書 

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

気がつけば春



2月3日の初乗り以来、2ヶ月が過ぎてしまいそうな3月29日、久しぶりのツーリング。
目的地は、初乗りの時に気まぐれに立ち寄ったが休館で見学する事が出来なかった、
栃木県足利市の「栗田美術館」
とことん、疲れ切っている2人には、やっと暖かくなり始めた風を感じながら、
気分転換にトコトコ走るにはちょうど良い距離。。。

まず最初に立ち寄ったのは、焼きそばやさん。
足利市は「ポテト焼きそば」が有名と聞きつけたBoss。
「また、焼きそばかよ。どんだけ、焼きそば好きなんだよ」と思いながらも粛々と従う。
たしか、2~3日前には「これ美味いんだよ」と言って、焼きそばの納豆がけを
食べた。さらにその1週間位前もやっぱり「これすごく美味いんだよ」と言って、
焼きそばのカレーがけを食べた

お昼の時間に焼きそば屋さんに着く位に出発したが、調子よく走り過ぎて早く着き過ぎた。
でもお店の前はソースのすごくイイ匂い。
お持ち帰りのお客さん中心らしく、食べるスペースはちょうど2人分。
普通盛りを注文したBoss、大盛りにすれば良かったと後悔していたけれどこの量。
大盛りにしなくて良かったぁ。

1yakidoba.jpg

私は、そこそこ美味しかったけれど、Bossはご不満。
まぁ、外で食事してBossが美味しいと満足した事はほとんど皆無。


そして、さっそく「栗田美術館」へ
「正門」 この門構えからして、非常に興味をそそられる。

004.jpg

まずは、駐車場で1枚。久しぶりの2ショットです。後ろは「阿蘭陀館」ミュージアムショップ。

2kurita1.jpg


「正門」の奥「大手門」の中にある「入場券発売所」。そこで入館料を支払って中へ。
(入館料は大人1名1550円、HPで、割引券を出力して持参したので、1300円に)

2kurita1-2.jpg

中に一歩入った途端、なんだか、想像していたより、ずっと楽しそめそうな所だと確信。
思ったよりずっと広く、綺麗な所だった。とっても快適な時間が過ごせそうな場所。

3kurita2.jpg

春のぽかぽか陽気にゆっくり散歩して歩くにはもってこいの場所でした。

4kurita3.jpg

とにかく、広大な敷地の中は、どこもかしこも綺麗に整備されていて、気持ち良い。
無粋だが、これだけの綺麗さを保つには、どれだけ費用がかかるか、
そこが一番気になってしまった。

5kurita4.jpg

栗田山荘 食事が出来ると聞いたが。。。定かではない。。。元々は養蚕農家。
2階の蚕室は今は喫茶室らしい。。。
奥には「寿光院」と言う茶室もあるらしい。。。らしいばかりですみません。

6kurita.jpg

敷地面積は3万坪。。。と、言われても3万坪がどんだけ広いのかわからない。。。

とにかく、広大な敷地の中に本館、大手門、磁器館、歴史館、資料館、阿蘭陀館、工房など
大小30あまりの建物がある。
庭園や展示室の設計、展示物の飾りつけまで創立者の栗田英男氏が手がけたという。
一回りしただけで、どれだけこだわってこの美術館を建てたかは誰でもわかる。

本館の前の庭。
灰皿まで趣のある磁器製。あちこちにこんな趣のある灰皿が設置されていました。

7kurita.jpg

美術館の中は、眺めの良い場所、あちこちにゆったりとしたソファーが備え付けられ、
とても贅沢な時間を過ごせるようになっている。

8kurita.jpg


資料館の中の一角
本館は写真撮影が禁止だが、資料館は禁止の看板がなかったので。。。

本館に展示されず、資料として、資料館に並べられた磁器達。どれもこれもすごくイイ。
こういう方が面白い。。。。。欲しい。。。。。

9kurita.jpg

本館の展示品は写真に収めることは出来なかったが、展示されている磁器は
どれも本当に素晴らしかった。
しかも、名だたる「芸術家」がつくった物では無い。
すべて無名の「陶工」がつくったのだ。

Bossは、やっぱり「鍋島」がお気に入りのよう。わたし「伊万里」
まぁ、基本的にどちらも同じなのだと思うが、すべてにおいて最高水準を求められ、
計算された緻密な美しさがイイと言われるらしい鍋島と
自由奔放でおおらかな美しさがイイと言われるらしい伊万里、
あまりにもらしくて笑ってしまった。

創立者の栗田英男氏がただならぬ情熱を傾けて、ただひたすら、伊万里、鍋島だけを
それも、無名の陶工の作品ばかりを蒐集し、自らも研究した成果がここだなのだろう。

10kurita.jpg

開山堂 館林善導寺から移築したらしい。その前の石仏群、これもまたどこぞから集めてきたのか。。。

11kurita.jpg

登り窯もあった。今も使われているか不明。

12kurita.jpg

山草園入り口。
とにかく毎日忙しく、殆ど外の世界とは断絶状態だった私には、この色は感動ものだった。
もう、梅の花の時期は終わり、染井吉野の時期には早く、今日初めての色のある風景。

13kurita.jpg

なんだか、とっても幸せになれる色

14kurita.jpg

本館の出口脇ショップでそれなりに素敵な食器や飾り物がお土産として売られていたが、
あんな、極上品を散々見せ付けられた後では、とてもじゃないけど買う気にはなれましぇん
もっとゆっくりと過ごしたかったし、多分、時間がゆるせば、一日いても飽きないくらい、
見どころ満点の場所でしたが(実際見切れなかった)今日も私達は何かと忙しい。
これまでと諦め、次の目的地をめざしました。

日本最古の学校「足利学校」です  この門が入口の「入徳門」

15ashikaga.jpg

そして「学校門」 足利学校のシンボルだそうです。

16ashikaga.jpg

学生の講義や学習が行われたお座敷「方丈」に展示されていた徳川幕府歴代将軍の位牌。

17ashikaga.jpg

上杉憲実が寄進したと言う書籍。現在は国宝に指定されている。

18ashikaga.jpg

19ashikaga.jpg

「方丈」の前後に庭園があり、こちらは南側にある「南庭園」。こじんまりとした庭園でした。

20ashikaga.jpg


21ashikaga.jpg

あっという間に見学終了。撤収。

22ashikaga.jpg

栗田美術館があまりに素晴らしかったので、ここはさらっと流しました。
400円の入館料はちょっと高いかな。。。無料でもいいのではと思ってしまいました(笑)

足利学校は今一でしたが、栗田美術館はとても素晴らしかった。
4月から入館料が下がるとの事。機会があったら、絶対行くべきです!!

やっと、更新できました

スポンサーサイト

| touring記録 | 18:20 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

初乗り



去年の12月30日に乗り納めをして以来、実に1ヶ月以上たった節分の今日、
ホント久しぶりにBoo太号のエンジンをかけた。
ずっとほっておいたので、かからなかったらどうしようと心配していたら、
なんと1発でかかった

気温が18℃まで上がると聞いて乗る気満々のBoss。

Boss 「う~ 念願の平日ツーリング~」

有給とってツーリングは何だか気が引けるが、気温が18℃になるのでは仕方ない
年末年始と地獄の日々を過ごしたのだから、これくらいのご褒美をもらっても
バチは当たるまい。

そして何より仕事して寝るだけの毎日ではブログが更新できない。
1カ月以上更新しないと広告に乗っ取られる脅された。

001.jpg


という事で、目的地は栃木県の「佐野プレミアムアウトレット」
こんな不釣り合いの場所へ何故付き合う気になったのかは不明だが。。。
Boss曰く 「市場調査だぁ」

まあ、目的地はどこでもいいのだろう。走れれば(笑)

10時半に前橋を出発。
今日もユニクロのヒートテックが大活躍。
それ程気温が上がったふうはないけど寒くはない。

ただ、ひたすらR50をトコトコ走る。
今日のR50を走る自動車は何故かみ~んな親切。
前を走るBossが車線変更をするたびに付いて行けず、トロトロとしているわたしの為に
速度を落として、わたしがBossに遅れを取らない様に道を譲ってくれる
1時間半走る間に3度ほどそんな事があった。
気持ちが暖かくなる真冬の一日   向かってくる冷たい風も暖かく感じる

12時ちょっと過ぎに「佐野プレミアムアウトレット」に到着。
何かを買おうと訪れたわけではないので、ひとまず、ぐるっと1周、見て回っただけ。。。
Bossは、せっかく佐野を訪れたので「佐野ラーメン」を食べたかったようだけど。。。

002.jpg

003.jpg


面倒くさいので「佐野プレミアムアウトレット」の中のフードコートでお昼を食べてさっさと撤収。

佐野に向かう途中「栗田美術館」の看板を見て、Bossがに寄りたそうだったので、帰りに
寄り道を提案。
「栗田美術館」は伊萬里、鍋島を館蔵する世界最大級の陶磁美術館との事。
R50を右に入り、トコトコ走る事10分ちょっと、なかなか風格のある建築物が姿を現した。
しかし、広い駐車場には一台も車がとまっていない。
もしや。。。
案の定、お休み~~~ 月曜日は休館日のよう。残念。

005.jpg

004.jpg

まあ、下調べもせず、気まぐれに立ち寄ったのだから仕方ない。
でも1時間ちょっとで来られる距離なので「また来ましょうね」と一応おねだり。
聞いて頂けるかどうかは不明。

さっさとあきらめ帰路につく。気温は18℃まで上がる予報だが、夕方、寒くなるのは必至。

来る時のR50は親切な車がいっぱいだったけど、帰りはすごく嫌な車に煽られた。
道は結構混んでいて、煽った所で、2車線とも前には車がズラーと並んでいて、わたしが
いなくても出せるスピードは変わらない。
煽る意味が分からん
非常に腹がたったので、法定速度をきちんと守ってトコトコ走ってあげた

何だかんだ言っても気温は下がらず、来た時よりも暖かい。
Bossはやっぱり、フードコートでは物足りなかったようで、何か食べたいと言い出した。
ちょっと寄り道すれば、お気に入りのお蕎麦屋さん「古代の茶屋」に寄れるので、
寄って行く事に。

が。。。やっぱり。。。お休み~~~

去年の暮れから、行くとこと、行くとこお休みばかり。

Boss 「でも、これで、わかったな」
Boo 「はい、平日には走るなって事ですよね。やっぱり、走るのなら、土日ですよね」
Boss 「ばか、古代の茶屋は月曜休み。次は月曜は避けよう」
Boo 「・・・・・」

てな事で今日もセブンでコーヒー飲んで解散。
とても暖かく、気持ちの良い2014年初乗りでしたぁ。

| touring記録 | 23:48 | comments:20 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

耐え難きを耐え

今日の空。秋晴れ~~~

1_IMG_1237.jpg

3連休の最後の日、やっと走れたぁ~。お天気もサイコ~~・・・のはずだったぁ~~~

日:2013/10/14
集合場所:こもち 道の駅
集合時間:8時30分
目的地:水上・谷川・坤六峠(まだ早いけど紅葉見れればいいな)

まずは、R17からR291を北上、水上から谷川を目指して出発。
走りだして20分。道路に設置の温度計を見るとなんと12度。
お天気は良い、でも寒い。それでも2日間我慢していたわたしは気分サイコー気持ちイイ。
風は冷たい、でも空は青い。
ルンルン気分(ふ・古い)で走っていたが、そんな気分も水上まで一気に走った所で限界。
久しぶりに身体の芯からの震えを感じ、道の駅みなかみへ避難。

まだ、朝早く、誰もいない足湯を発見。いてもたってもいられず、足湯に手をつけ「ホッ」
Bossは「お前、それ足湯だぞぉ」と汚いものを見る目であきれ顔だけど
そんな事にはかまっていられません。感覚のなくなった手を温める術が他にないのだから。

1_2IMG_1240.jpg

ちょっとだけ温まったので、早速出発。
もしかしたら見られるかもしれない紅葉を求めて、谷川・一ノ倉沢をめざしました。
が、なんと  一ノ倉沢車両通行止めぇ~~~~~知りませんでしたぁ~

2_IMG_1250.jpg

Bossはがっかり。

1_3IMG_1246.jpg

走れども、走れども、緑まぶしく、紅葉のこの字も見る事ができず、
耐え難い寒さに耐え、やっとここまで走り続け、もう少しと言うところまで来て侵入禁止
それどころか、いつの間にか青かった空は雲に覆われ、いつ降り出してもおかしくない空模様
とりあえず、一ノ倉沢まで行けるロープウェイだけ写真に収めて乗った気分に

1_4IMG_1251.jpg

仕方ないので、さっさとあきらめ次なる目的地、照葉峡へ
行く途中にあるダム、藤原ダム  やっぱりまだ緑ぃ~~~

3_IMG_1259.jpg

そして、奈良俣ダム  何故かまた青空に、それも快晴ぇ 山の天気変わりやす過ぎ
上の写真、藤原ダムを出てから大した距離を走ってないのにこの違い
土と石を積み上げてできた堤はロックフィルダム形式といわれるものらしく
高さ158mある、すごくキレイなダムでした

5_IMGP2892.jpg

そして、かすかな希望を持って照葉峡へ
もし、紅葉していれば、群馬の紅葉スポットしては、1、2を争う美しさとか・・・

6_IMG_1265.jpg

照葉峡は群馬の奥入瀬と言われているらしく
奈良俣川と言う清流に大小11の滝があって、お天気が良く、紅葉が盛りなら、
それは美しい景観を拝むことができるみたい

が、奈良俣ダムのあの青空はどこに行ったのぉ~~~

7_IMG_1273.jpg

川もキレイ、滝も風情があって良し、紅葉はまだまだだけど、景色はイイ
でも寒い。とにかく、寒い。
ん~~キレイと思いながら、自然と急ぎ足、もとい、急ぎ走りになる

 11ある内の7番目の滝、つづみの滝

8_IMG_1272.jpg

 8番目の滝、不断の滝 

9_IMG_1278.jpg

10_IMGP2893.jpg

寒さに震えながらも照葉峡を堪能し、いよいよ、坤六峠
夏の暑い時期から行きたかった所

11_IMGP2894.jpg

坤六峠も紅葉にはまだ少し早いけど、お天気が良くて、青空なら、すごくキレイなはず
夏、走ったら、涼しくて気持ちいい、絶対!

12_IMGP2895.jpg


まだ早すぎる紅葉を求めてここまで来たけど、中途半端でBossは不満
丸沼は今が見ごろだから、この際、丸沼まで足を延ばそうという事に。
坤六峠を抜けてR120に出れば、丸沼もそう遠くないから。。。

途中でトイレ休憩したところで、ふとBossが思い出した、お昼を食べていない事を・・・
寒すぎてお昼を食べる事さえ忘れて、ただただ走っていた。。。

13_IMG_1295.jpg

どこでもいいやと入ったお蕎麦屋さん、この期に及んでBossは冷たぁ~い「もり蕎麦」
この寒さ、いくらなんでも、普通、「かけ蕎麦」でしょうぉ~ 
味は???・・・・・ とても温まりましたぁ~~~

14_IMG_1296.jpg

そして、県道63号線からR120へ抜け、丸沼
夏もここを訪れましたが、やっぱり、こんなお天気でした。あの時は夏だったので、
寒くはなかったけど、今日は真冬のような寒さ、それは、それは冷たい風。
歩いているだけでこんなに寒いのだから、走っていて寒いのは当たり前

15_IMG_1304.jpg

丸沼の反対側の裏山
同じ日の同じ時間に撮ったとは思えない空の色
そして、ほんの少しだけど紅葉。今日一番の色のある景色です。キレイ。。。

16_2IMG_1310.jpg

撮影はBoss。面白く撮れていたので、拝借。

17_IMGP2905.jpg

18_IMGP2903.jpg

もう限界なので、さっさと下界へ戻ろうという事に。
必然的にR120を降りる事に・・・すると・・・とうもろこし街道ぉ~~~
今季食べ収めの焼きとうもろこし。
ん~~やっぱり、みずみずしさは無くなっていました。

19_IMG_1312.jpg

でも、今日は、食べる事が出来ました。
伊勢屋さんのみたらし団子。
美味しそおぉ~~

Boss「もう1本食べていい??」満面の笑み。
本日、初めての笑顔を見たような気がします。
よほど食べたかったのでしょう。本日は2本召し上がられました。
自分用にお土産も買いました。

20_IMG_1315.jpg

ホント、美味しかったのアップでもう1枚。

21_IMG_1316.jpg

本日の走行距離:220km
あの寒さの中、結構走りました。


| touring記録 | 00:12 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

金木犀の香りに追われて。。。

10月6日、日曜日、昨日の雨から打って変わってこの空。気持ちの良い秋の1日に。

IMG_1158.jpg

今日の目的地は「渡良瀬遊水地」

群馬、栃木、埼玉、茨城と4件にまたがる、超巨大な遊水地。
残念ながら、茨城県側は行けなかったけど、群馬、栃木、埼玉とまたにかけて来た。

出だしは、青空が広がっていたのに、遊水地へ向かうにしたがって曇り空に。
黒い雨雲に向かって走った。

今日は最近には珍しく街乗り。
どの家の庭にもあって、この時期、小さなオレンジ色の花を咲かせる金木犀。
その金木犀の香りに追いかけられる道のりとなった。
とにかく走っても走っても金木犀の香り。
前橋から遊水地に着くまで、途切れる事の無い良い香りに追いかけられる様に走った

遊水地の周りに広がる湿地帯(調整池)。
着いた頃にはすっかり青空はなくなり、曇り空。でもそれなりに雰囲気があっていい感じ。
Bossが目指したエントランスとは違うところへ入ってしまったみたいで、
湿地帯の周りをぐるっと半周、大きな水たまり連続の砂利道を走る事に。
水たまりを避けると砂利ですべって転んでしまいそうで水たまりを直走。
Boo太号、悲惨

IMG_1162.jpg

目的の北エントランスを目指す途中の道。わたしの好きな木漏れ日の道を発見。
太陽が出ていれば最高の道。

IMG_1167.jpg

IMG_1165.jpg

渡良瀬遊水地の地図。

空から見るととっても可愛いハート型の遊水地。地図で検索してもちゃんとハート型
でも造られた目的は、ちょっと怖くて、足尾銅山の鉱毒を沈殿させて無害化する為らしい??

IMG_1168.jpg

北エントランスから、入って「子供広場ゾーン」を目指す。

IMG_1174.jpg

IMG_1176.jpg

貸し自転車の窓口で申込すればバーベキューOK。
早速、貸し自転車の窓口で申込。コーヒー飲むだけなので、お湯を沸かすだけだと伝えると
親切なおじさんが「お湯ならあるからあげるよ」と言ってくれたけど、丁重に辞退。

広場の芝生の上に場所を確保。木の下に今日は持参のピクニックシートを広げお昼休憩。
前回は、カップを温めなかったのと、お湯が沸いたら、火を止めてしまったのとで、
今一だったコーヒーも今日はとって美味しく頂けた。
Bossも「今日のコーヒーは贅沢だよな」とおかわりを所望。

IMG_1181.jpg

でもお昼はコンビニおにぎり。1個だけ。
それでも「1個だけだと思うとおいしいなぁ」とこれまた喜んで食べていた。

IMG_1184.jpg

空模様は今一だけど、暑くなく、寒くなく、フリース素材の気持ち良いシートのおかげで
ゆっくり、たっぷり休めた

IMG_1188-2.jpg

ハート型の貯水池・谷中湖を写真に撮る為、中央エントランスへ移動。

色々なスポーツをする人、ヨットに乗る人、サイクリングを楽しむ人、バーベキューをする人、
広い駐車場には、バイク自慢の集いや、車自慢の集いも行われていて、渡良瀬遊水地は
気持ち良くて楽しい場所でした。

IMG_1187.jpg

きれいな眺め。

IMG_1190.jpg

IMG_1192.jpg


予定には無かったけど、私が「ぶんぶく茶釜の茂林寺」に行った事がないと言うと、
今日は何故か優しいBossが足をのばしてくれて茂林寺を見学する事が出来た。

IMG_1199.jpg

さすがは、ぶんぶく茶釜の茂林寺。タヌキの焼き物が連なる参道。

中には樹齢何百年と言う、古木、大木が所狭しと植えられていて、
大木フェチのBossは大喜び。
一本、一本説明を読み、名前を確認し、写真を撮っていましたが、ここでは省略。
フェチ以外にはわからない喜びなので。

IMG_1200.jpg

まさしく、ぶんぶく茶釜。

IMG_1206.jpg


お昼におにぎり1個だけだったので、めちゃくちゃ空腹。
お腹が空き過ぎて落ち着かないとBoss。お夕飯にありつけた頃には、すでに真っ暗。

お夕飯は、久しぶりの「おおぎや」の味噌ラーメン。
結構イケてました。

IMG_1207.jpg

IMG_1210.jpg

という事で、本日の走行距離:180km

気持ちの良いキレイな広場でゆっくり休憩時間がとれたので、
今日はほのぼの良い一日だった。

| touring記録 | 23:44 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。