BooRider の トコトコツーリング

3人だけのTouringClub★★★のTouring記録 &  日常の覚え書 

2014年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

さくら咲く・・・

暖かいのでチョロっとお花見。4月12日のチョロツーを今頃アップです。

1-0412.jpg

わたしは群馬で生まれ育って何十年も経つのに「赤城の千本桜」を見たことがない。
という事で、今日は今が満開で一番良い赤城の千本桜お花見チョロツー+「古代の茶屋」
でお蕎麦。

まずは、途中の道の駅。

2-0412.jpg

突然、Bossの動きが止まった。と思ったら、焼きとうもろこしを発見したらしい。
今年はじめての大好きな焼きとうもろこし。すごく嬉しそう。
「食べます??」
「当然!!」
脱ぐ気のなかったメットをイソイソと脱ぎならが、焼きとうもろこしめがけて歩き出しました。
が、突然Uターン。
「700円もする」
「いいじゃないですか、食べたいんでしょう」
「400円以上する焼きとうもろこしは食べない」
Bossには、Bossのルールがあります(笑)

で、さっさとあきらめ、いざ、千本桜。
が、バイクが動きません。
ものすごい渋滞です。考えることは皆同じ。満開の千本桜をみ~んな見たいのでしょう。
せっかく、気持ちよく走りたいのにこれでは、バイクを押して山道を登っているみたいです。

それでもしばらく、渋滞に付き合いましたが、あまりに動かないので結局Uターン。

「千本桜なんて、たいしたことないよ。桜の下に出店ばかり並んで、全然良くない。
だいち、千本もねぇ~し」

花よりだんご。古代の茶屋へ直行。

3-0412.jpg


4-0412.jpg

いつものざる蕎麦ときのこ蕎麦。
ここのお蕎麦は美味しいのだけど、量が少なめ。。。
ペロッとたいらげたBoss。ちょっと淋しそう。でもお腹周りが気になるのでぐっと我慢。

5-0412.jpg

千本桜を見てお蕎麦食べて帰るだけのチョロツーの予定だったけど、千本桜を見られなかったので、ちょっとだけ足をのばす事に。。。

群馬県みどり市の小平親水公園。こちらも満開の桜が見ごろでした。

6-0412.jpg

7-0412.jpg

雰囲気のある水車小屋。大きな水車。
野口水車保存館。明治・大正・昭和に精米の動力として活躍していた水車が保存されていた。
なんと今でも精米が行われていました。
ちょっと、中をのぞこうしたら、入館料が100円。
そして管理人のおじさんはお昼ご飯の真っ最中。
100円も払うのなら止めて帰ろうとしたら、Bossは100円玉2個、管理人のおじさんのいる小窓においてさっさと入館。
お昼ごはん真っ最中のおじさんは大慌て。
わたしも大慌て。「入るんか~い??」
おじさん、口をモゴモゴさせながら「食べちゃっていい??」
「ど~ぞ、ど~ぞ」とわたしも入館。
中には、外にあった水車よりずっと大きな水車。
なんと今でも稼動している屋内水車としては日本一らしい。
大急ぎでお昼ご飯を食べたおじさんが「それでは、説明をいたします」とニコニコ参上!
そうかぁ、それで「食べちゃっていい??」だったのかぁ。
なぜ私に許可を求めたの不思議だったぁ。

8-0412.jpg

9-0412.jpg

おじさん、久しぶりの入館者なのか、とっても嬉しそうに話し始めた。
水車での精米は食べられるようになるまで、2週間は精米し続けるとか。
でも機械であっという間に終わってしまう精米とは比べ物にならないほど美味しいそうです。
でも、おじさんは食べたことは無いらしい。


一通り説明が終わって帰ろうとするとおじさん、とっても話し足りなそう。
外まで追いかけてきてお見送りをしてくださいましたぁ。

10-0412.jpg

満開の桜も水車も満喫した事だし今日のチョロツーはこれで終わり、帰路につく。
が、いつものこごくBossの気が変わって、小平の里鍾乳洞公園に寄り道。
「何か食べよう」
やっぱり、ざる蕎麦一枚で我慢できなかったのだ。

でも寄り道は正解。ここの桜も見事でした。

11-0412.jpg

12-0412.jpg

そして、今日もやっぱり焼きそば。1枚のざる蕎麦よりずっとカロリー高ぁっ。

13-0412.jpg

そして、わたしは、焼きまんじゅう!!

14-0412.jpg

焼きまんじゅうは群馬県人のソウルフードです。
群馬県人はみ~んな大好き!!

ただ、悲しいことに、子供の頃から食べ続けていないと美味しく感じる事はないらしい。
原体験として残っていないとこの食べ物は極めて美味しくないものらしい。
ぼそぼそとして、あんこも何も入っていないまんじゅうに甘じょっぱいタレを塗り、焼いただけ。
だが、固形物を食せるようになった頃から、美味しいものとして刷り込まれてきた群馬県人にとってはこの上ない美味なのです。
焼きまんじゅうを美味しいと感じるか、美味しくないと感じるかで、生粋の群馬県人か
そうでないかが90%くらいの確立でわかります(笑)

ただ、写真の焼きまんじゅうは、ちょっと、本当の焼きまんじゅうではありません。
本来、焼きまんじゅうは、四つのおまんじゅうが竹串に刺さって焼かれてきます。
やっぱり、4つないと、なんかだまされちゃった感じです。
でも味は良かった。美味しかったです。


お腹もいっぱいになった事だし、今度こそ、帰りましょう。
が、信号待ちをしていて、またBossの気まぐれ。。。

食べ過ぎたので、高津戸峡をちょっと、ウォーキングだそうです。

15-0412.jpg

桜はすでに散って、新緑にはちょっと早い。でもわたしの大好きな山吹の花が
今が盛りと咲き誇っていました。

20-0412.jpg

そして、陽の光に照らされてキラキラ輝く澄んだ水。

17-0412.jpg

これから迎える新緑、そして、紅葉の時期はそれは綺麗な景色を見ることが出来るでしょう。

16-0412.jpg


18-0412.jpg

実は、満開の桜より、散った花びらの方が好きです。

19-0412.jpg

子供の頃、散って風に吹かれて吹き溜まりに集まった桜の花びらがあまりに綺麗だった
ので必死で集めた。
そして、母から貰ったお気に入りのお菓子の空箱に入れて押入れにしまっておいた。
ずっと、ピンクで綺麗なままかと思って。。。
少したってから、楽しみに箱をあけたら、茶色のくしゃくしゃの決して綺麗ではない
ものになっていた。
それから、どんなに綺麗でも花びらを集めることはしなくなった。
どんなに綺麗なものでもいつかは綺麗でなくなる時がくる。。。

でも、いまだに、こんな花びらを見ると、集めてしまっておきたい衝動に駆られます。
スポンサーサイト

| チョロツー | 19:30 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。